税理士資格を取得する為の受験資格とは?

勉強方法を知ろう

独学?専門学校?

税理士試験を受けるとなったら、どのように勉強していけばよいのでしょうか。
まずは、独学の場合と専門学校や予備校に通う場合を考えてみましょう。

独学の場合、ほとんどの受験者が使用するのは税理士試験向けの市販のテキストです。
専門学校などからテキストが出版されていますから、自分で自分に合った参考書を選ぶことができます。
しかし、一般的に独学での5科目合格は、その専門性の高さ故に難しいと言われています。
ただ、お金に関してはもっとも安く済ませることはできます。

専門学校や予備校の場合、講師の授業を聞いたり、演習をしたりすることで勉強していきます。
家や職場などから近ければ便利ですよね。
しかし、就職している場合どうしても通学するのが難しいということは多々あります。
自分が行くことができる時間帯と合う専門学校や予備校を選ぶ必要があります。

家で講師に習うには?

独学は難しそうだし、かといって通学するには時間が足りないな、という方には、専門学校やネットスクールが提供している通信講座やWEB講座を利用するという手もあります。
専用のテキストが家に届き、教材となる動画(授業の様子など)を見ながら学習します。
その中で、疑問点等があれば講師に実際に聞きます。

このように、通信講座であれば場所や時間を選ばず、自分のペースで学習できる上、きちんと講師のサポートも受けられるという点がメリットです。

自分で勉強時間を確保しなくてはならないので、そこだけきちんとすれば最も効率的な方法かもしれません。

代表的なものとして、「資格の大原」「LEC」「クレアール」などがこういった税理士試験対策の通信講座を行っています。
自分に合いそうなサービスやプランを吟味して見つけて下さいね。


この記事をシェアする