税理士資格を取得する為の受験資格とは?

税理士ってどんな仕事?

学識と資格

ここでは、学識的な条件と資格の条件についてご紹介していきます。

まず学識的な条件とは、大学や短大、高等専門学校を卒業し、法律学もしくは経済学に属する科目を1科目以上履修していることが前提になります。
さらに、大学3年以上の学生で、法律学、経済学に属する科目を含む62単位以上を取得していなければなりません。
税理士は税法のプロです。
そのため、法律に関わる司法試験にも合格する必要があります。
また。公認会計士試験に合格、または免除されていなければなりません。

次に資格としては、簿記検定試験において1級を合格していること、会計士補である、またはその資格を有していることが条件となります。

なかなか厳しいようではありますが、大切なことなのです。

職歴条件と認定

職歴にも条件が課せられています。
次に挙げる事務や業務に2年以上従事していることが必要になります。
司法書士・行政書士などとしての業務、法人もしくは個人の会計に関連する業務、税理士などの業務を補助する事務などがそれにあたります。
また、税務官公署での事務や国税、地方税に関する事務、行政機関における会計検査、銀行など金融機関での貸し付けなど、非常に様々な業務、事務がこの条件に当てはまります。
これらの機関での経験を積むことでも受験資格を得ることができます。

認定の条件とは、国税審議会に個別に受験資格があると認定されることです。

これまでに挙げた4つのうち一つでも該当すれば受験資格があるとみなされます。
ただ、受験にはそのどれかの条件を満たしていることを証明した書類が必要なので注意しましょう。


この記事をシェアする